So-net無料ブログ作成

<原爆被爆者>来日要件完全撤廃へ 「黒い雨」も対象に(毎日新聞)

 原爆投下後に国が指定した地域で放射性物質を含む「黒い雨」を浴びた人に交付される健康診断受診者証について、厚生労働省は6日までに、海外に住む黒い雨被爆者が日本に来て交付申請することを求めた「来日要件」を10年度中にも撤廃する方針を固めた。原爆症の在外申請は10年度初旬に可能になることが決まっており、厚労省は同時期での実施も検討する。在外被爆者の申請に関する「来日要件」はこれで完全撤廃されることになる。

 韓国原爆被害者協会の許萬貞(ホ・マンジョン)副会長は「韓国の被爆者の間で、黒い雨被爆者向けの救済制度があること自体知られていない。来日要件が撤廃されれば、制度が知られ、救済される人が増えるはず」と話している。

【関連ニュース】
キャメロン監督:原爆テーマの次作…原作に誤り構想揺れる
被爆桜:平和への「遺志」咲かせたい…横浜の小学校に植樹
平和大使:ヒロシマ、ナガサキを米で伝える 運動25周年
マータイさん:原爆慰霊碑に献花、高校生らと植樹も
高野連:奥島会長、被爆桜を植樹…広島市の平和記念公園

日・カザフ、原子力協定に署名=ウラン安定供給可能に(時事通信)
「規制仕分け」も検討=行政刷新分科会、来月スタート(時事通信)
放浪記 5月5日からの公演中止、森光子さんの体調に配慮(毎日新聞)
福岡の神社改修めぐり脅迫 山口組本部を捜索 大阪府警(産経新聞)
富士山の日フォーラム 5年でごみ123トン回収を報告(毎日新聞)

車でバイクに接触、転倒させる=殺人未遂容疑で男を逮捕−福岡県警(時事通信)

 原付きバイクに故意に車をぶつけて転倒させ、少年2人に重軽傷を負わせたとして、福岡県警直方署は3日、殺人未遂などの容疑で、住所不定、無職伊藤和之容疑者(28)=別の傷害罪などで起訴=を再逮捕した。同署によると、容疑を認め「目が合ったので追いかけた。殺しても構わないと思った」と供述しているという。
 逮捕容疑は、昨年9月6日、福岡県苅田町の駐車場で軽四自動車を盗み、直方市内を走行中の7日未明、ヘルメットをかぶらずバイクに2人乗りしていた少年グループを見つけて追跡。殺意を持って車の前部を数回バイクの後部にぶつけるなどして転倒させ、いずれも16歳の少年2人の頭部に重軽傷を負わせた疑い。うち1人は下半身不随の後遺症を負ったという。
 同署によると、少年らは途中でUターンして、逆走するなどしたが伊藤容疑者は追跡を続け、約200メートルにわたり車をぶつけたり、前に押したりするなどしていた。事件後は、田川市内で車を燃やしたという。
 伊藤容疑者は1月、盗難車で検問を突破し、警察官をはねたとして、逮捕された。 

【関連ニュース】
5歳女児虐待、継母再逮捕へ=傷害致死容疑
2カ月の次男に重傷負わせ逮捕=「泣きやまず腹立った」
5歳女児にわいせつ行為容疑=元幼稚園教諭を再逮捕
小中学生がひったくり=容疑で逮捕「遊ぶ金欲しく」
男児の裸撮影、保育士逮捕=「好奇心から」と供述

捕鯨問題、外交解決目指す=NZ外相と電話会談−岡田氏(時事通信)
津波到達は2月30日??兵庫県、速報でミス(読売新聞)
太平洋沿岸に大津波警報発令へ=最大で高さ3メートル予想−チリ大地震で・気象庁(時事通信)
リスニングでミス 都立高入試実施(産経新聞)
山本病院理事長、手術の際に結紮処置をせず 地検、刑事処分を決定へ(産経新聞)

疲労抱えやっと帰宅 不安の夜過ごす家族も 東北・津波(河北新報)

 チリ大地震津波で、宮城県内の15市町に出されていた避難指示・避難勧告はすべて解除されたが、気仙沼市と石巻市、南三陸町では83人が1日午前まで、計5カ所の避難所で眠れぬ夜を過ごした。

 気仙沼市では、最大約1250人が近くの学校や公民館などに避難。28日夜のうちに帰宅する住民が多かったが、川沿いの福祉施設の入所者や自宅が海岸近くにあるお年寄りら53人は、鹿折中と気仙沼中央公民館の2カ所にとどまった。

 市は28日夜、非常食のレトルト食品約1500食分を用意し避難者に配布したという。
 南三陸町志津川北の又の荒砥生活センターには、海岸近くに住む女性と子どもの8人が身を寄せた。毛布をかぶって眠る子どもの脇では、女性たちが「暗くなる前に家に帰れると思ったのにねえ」などと話し合いながら、疲れを紛らせていた。

 岩手県沿岸の避難所でも津波注意報が解除された1日朝までに、ほとんどの避難住民が帰宅。久慈市内の避難所で一夜を過ごした欠畑キクノさん(80)は「けさ5時すぎに帰宅したが疲れた」と言いながらも、少しほっとした表情をみせた。

◎フェリー2隻が半日遅れで入港/八戸港、海上足止め

 チリ大地震による津波の影響で海上に足止めされていた北海道・苫小牧―青森県・八戸間の川崎近海汽船(東京都)のフェリー2隻は1日未明、予定より最大半日遅れで八戸港に入港した。乗客計88人は疲れた表情を見せたが、健康状態に問題はないという。

 三沢市に帰省途中だった札幌市の男子大学生(22)は「ここまで長くフェリーに乗ったのは初めて。船の中ではバンクーバー冬季五輪を見て時間をつぶした」とぐったりした様子。

 フェリーを運航する川崎近海汽船によると、2隻は津波警報が津波注意報に切り替わるまで八戸沖で待機。2月28日午後1時半に到着予定の「べにりあ」は約半日遅れの1日午前2時10分ごろに入港したほか、「フェリーはちのへ」も約9時間遅れた。


月子
沈む港町 三陸の打撃深刻 養殖施設が破損や流出(河北新報)
【新・関西笑談】世界で一つだけのパンを(2)(産経新聞)
茶髪、ピアスなど禁止令 日本水連決定に異論相次ぐ(J-CASTニュース)
「子の奪取」条約加盟へ環境整備=鳩山首相、岡田外相らが一致(時事通信)

<日本原燃>炉内温度変化で耐火レンガ破損 核燃再処理工場(毎日新聞)

 青森県六ケ所村の使用済み核燃料再処理工場のガラス溶融炉内で、耐火レンガが破損するトラブルがあり、日本原燃は24日、炉内の急激な温度変化でレンガに強度以上の負荷がかかった可能性が高いと発表した。まれなケースで安全性に影響はないとしているが、今後は炉内の温度変化を緩やかにして破損を防ぐという。

 溶融炉は、高レベル放射性廃棄物をガラスで固化するもので、内部は熱を遮断するためレンガで覆っている。破損は08年12月に炉天井の1カ所で見つかった。溶けたガラスをかくはんする金属棒も曲がっていたため、棒でレンガを傷つけたとみられていたが、その後の調査で温度が関係していると分かった。

 棒が曲がった原因については、斜めの状態で上から過度に荷重をかけたり、温度変化で棒が腐食した可能性があるとしている。【矢澤秀範】

【関連ニュース】
青森・六ケ所村の核燃再処理工場:配水管が凍結し冷却水供給停止 原燃「寒さ想定外」
六ケ所村の核燃再処理工場:扉ハンドル折れ、男性社員がけが /青森
御坊・核燃料貯蔵施設問題:市議会委、関電から立地の可能性など聴取 /和歌山
御坊・核燃料貯蔵施設問題:早急な対応を 建設業者らの会、市議会に要望書 /和歌山
六ケ所村の核燃再処理工場:レンガ回収ずれ込む 作業終了時期「影響ない」 /青森

夫婦別姓 異論なんの 首相後押しで成立へ突進(産経新聞)
<原口総務相>住基カード「持ってない、すみません」(毎日新聞)
秋葉原 ホコ天再開へ 地元で協議始まる(毎日新聞)
<雑記帳>センバツ出場の東海大望洋を森田千葉県知事が激励(毎日新聞)
血痕が点々1キロ…容疑者宅特定し退院後逮捕(読売新聞)

スカイネット航空、点検漏れで厳重注意(読売新聞)

 スカイネットアジア航空が運航するボーイング737―400型機の3機が、国土交通省が航空会社に対して求めている点検をしないまま、最大で631時間にわたり運航していたことがわかった。

 国交省は24日、スカイネットアジア航空を厳重注意した。

 同省によると、点検漏れがあったのは、発電機の制御装置や、離陸時の警報装置など。

 来月の整備計画を立てる作業の中で、点検漏れが判明したという。

囲碁 張栩が棋聖奪取 7冠制覇(毎日新聞)
<広域窃盗>強盗強姦未遂で容疑の男を再逮捕 愛知県警(毎日新聞)
満潮、大潮で一層の警戒を=気象庁(時事通信)
ドタバタ続きでつまずく大阪府のプレミアム付き商品券(産経新聞)
エルニーニョを1年前から予測=インド洋水温を利用−海洋機構など(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。