So-net無料ブログ作成

鳩山首相、名護市長選の結果「民意の表れ」「5月末までに結論、必ず履行」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は25日朝、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を最大の争点とした同県名護市長選で移設反対を掲げた新人が当選したことについて、「選挙結果は名護市民の一つの民意の表れだが、(政府は)移設に関する検討委員会を作っている。ゼロベースで国が責任を持って、5月末までに結論を出す。必ず、履行する」と述べ、民意を踏まえて政府が結論を出す考えを強調した。首相公邸前で記者団に答えた。

 平野博文官房長官も24日夜、「市民の声を受けて首長が誕生した結果は結果として受け止める」と述べたが、米国が計画変更に応じる見通しはなく、移設自体が白紙に戻る可能性も指摘されている。

【関連記事】
揺らぐ沖縄 自治体に「安保」委ねた首相
普天間決着、再び先送りか 首相の責任論も
選択迫られ分断 辺野古の住民に葛藤と怒り
名護市長選 移設反対派の稲嶺氏が当確
普天間問題で首相「結論先送りしてよかった」

1票の格差2倍超、広島高裁も違憲判決(読売新聞)
「ふるさと牧場」社長に懲役12年=和牛商法詐欺−東京地裁(時事通信)
<3カ月予報>2〜4月 暖かい春になる見込み 気象庁発表(毎日新聞)
<てんかん>防止のたんぱく質を特定 日米のチームが(毎日新聞)
足利再審で22日再生された録音の抜粋<1>(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。